当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら天神橋三丁目接骨院

天神橋三丁目接骨院

肩の痛み・肩こり

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!

【天神橋三丁目接骨院】のスッキリ肩こり治療とは?

肩こり治療
  • ひどい肩こりで頭痛を伴う
  • 慢性的な痛みなのであきらめている
  • 肩が痛くて腕をあげられない
  • 眼精疲労がひどい

肩こりの原因

筋肉が固くなる

肩凝りは首から肩、背中にかけての筋肉が硬くなることにより起きる疼痛、重圧感などの症状の総称として一般的によく知られています。皆さんが症状を訴える部位には、僧帽筋、肩甲挙筋という筋肉があり、肩凝りの多くはこの筋が硬くなることにより発生します。

筋肉の仕事とは?

そもそも筋肉はどのような働きをしているのでしょうか?これはほぼ全身の筋において言えることですが、筋肉が伸びたり縮んだりすることで、その間にある関節を動かすことが、筋肉本来の仕事です。また伸びたり縮んだりすることで、これがポンプの働きとなり筋肉の中にある老廃物を含んだ血液を外に押し出し、栄養分を多く含んだ血液を筋肉の中に流入させることで筋肉は動き続けることができます。

皆さんが肩こりを感じる部位を普段動かせているでしょうか?

僧帽筋の仕事は首を後ろに倒したり(うつ伏せの状態で頭を持ち上げる)、胸を張ったりすることで、肩甲挙筋は腕が下に下がらないように肩甲骨ごと上に持ち上げることです。なのでこの筋肉を縮める(緩める)動作は、頭を後ろに倒しながら胸を張り、同時に肩をすくめる動作なのですが、お気付きになりましたか?そうです。皆さんが肩が凝って苦しくなった時に無意識にとる姿勢であり、ストレッチ体操なのです。

筋肉が固くなってしまう行為

僧帽筋と肩甲挙筋、この2つの筋肉はパソコン作業を含むデスクワーク中や手先の作業中、テレビを見ている時など本来の仕事とは全く逆の「関節が動かないようにギュッと収縮し続ける」という使い方をしてしまっています。視線を固定させるために、頭が動かないように伸び縮みさせずにじっとさせているためにポンプが働かず、筋肉の中の血液循環が滞り、老廃物が溜まっていくことで筋肉が硬くなるため肩凝りは起きるのです。ただ稀に肺がんの初期症状として現れる場合や心筋梗塞の前兆として現れることもあるので、いつもと違う痛み方や普段全く肩凝りを感じていなかった方に急に症状が現れる場合は要注意です。

  • ∙ 頭痛がある
  • ∙ 長時間のパソコン、デスクワーク・・・
  • ∙ 車の運転がつらい・・・
  • ∙ メガネが重く感じる・・・
  • ∙ 腕があげにくい・・・

肩こりの治療法

筋肉を動かしてあげること

原因の項でお話ししたことがいわゆる一般的な肩凝りの原因であるため、原因が分かっている以上は治療は簡単です。ごく一部の筋肉を除いては、動かしてあげることが一番の治療法です。筋肉も本来の仕事をしたがっていますのでさせてあげれば機嫌も直ります。要は筋肉内の血液循環が活発に行われていれば筋肉を柔らかい状態で維持することができます。

肩こりには、なぜこの治療法が良いのか?

食生活の変化に合わせる

日本人は一般的に諸外国に比べ運動量が少ないと言われています。それは日本に古来からある日本食のおかげです。日本食は動物性蛋白や脂肪の摂取量が欧米食に比べると断然少なく、食物繊維の摂取量が多いので、運動をしなくても健康を維持することが容易に行えてきました。なので日本人には運動するという「習慣」が身についていないというか、必要がなかったのです。その弊害の代表例がこの肩凝りです。

肩こりには、なぜこの治療法が良いのか?

食生活の変化に合わせる

日本人は一般的に諸外国に比べ運動量が少ないと言われています。それは日本に古来からある日本食のおかげです。日本食は動物性蛋白や脂肪の摂取量が欧米食に比べると断然少なく、食物繊維の摂取量が多いので、運動をしなくても健康を維持することが容易に行えてきました。なので日本人には運動するという「習慣」が身についていないというか、必要がなかったのです。その弊害の代表例がこの肩凝りです。

万全のアフターケア

なのでまずは皆さん運動を始めましょう。スポーツができれば最もよいのですが、習慣として身についていないことを継続することはなかなか難しいことです。まずは、当院でもご指導させていただいている肩凝り体操を柔整マッサージと合わせて行ってみましょう。体の左右差(右肩が上がっているなど)、前後差(猫背など)のある方は姿勢矯正も有効です。運動は皆さんにしていただくしか方法はありませんので、私たちはより運動しやすくするための関節可動域の改善や、姿勢の改善を行わせていただきます。

肩こりの治療の流れ

  1. 温熱療法、柔整マッサージで硬くなった筋肉をほぐします。
  2. 柔整マッサージでは届かない深部にある筋肉に硬さが残る場合はストレッチを行います。
  3. 上半身に左右差、前後差が見られる場合は矯正治療を行いバランスを整えます。
  4. 自宅や職場で簡単にできる肩凝り体操をご指導いたします。
  5. 症状の変化(筋肉の硬さや姿勢)が見られるまではコンスタントに治療を続けます。

肩こりの治療間隔

最初は少なくとも週3回以上

多くの患者様は施術後に「楽になった」と喜ばれますが、再び筋肉が硬くなり苦しくなるまで次の治療をせず我慢してしまいます。「元に戻った」と来院され治療を受けられるのですが、これでは前回の治療のやり直しをしたに過ぎません。同じところを行ったり来たりで「治らない」といって治療をやめてしまう方がほとんどです。肩の筋肉の頭を支えるという仕事に休みがない以上疲れが出ないということはあり得ません。今までの貯金も多くあるわけですから、最初は少なくとも週3回以上は行うことが理想です。

  • 肩こり関連でよくある質問と回答

    明るい挨拶

    • Q. 慢性的な肩こりがあります、対処方法はありますか?
      A. いわゆる「肩こり」とは、肩の筋肉が緊張して硬くなった状態をいいます。基本的な対処方法としては、緊張して硬くなっているところをお風呂に浸かって温めるようにして、肩甲骨を動かすような運動をしたり、腕を上に向かって伸ばすようなストレッチのような運動を取り入れることがおすすめです。肩のこりと並行して首の痛みを伴う場合や、腕や手、足のしびれ・痛みなどがみられる場合には、頚椎(首の7つの骨)の病気が疑われますので整形外科で診てもらうことをおすすめします。また、吊革につかまる、重いものを持つなどの姿勢で腕全体がだるくなるような場合には、別の病気の可能性がありますので、これも整形外科に受診することをお勧めします。

    • Q. 目の疲れと肩こりは関係しますか?
      A. 目の疲労や不快感と肩こりには共通する神経の働きがあります。それは自律神経系です。自律神経とは体を動かしたり、筋肉を緊張させる働きのある交感神経と腸など内臓を働かせたり、体をリラックスさせる働きのある副交感神経があるのですがこの二つ の神経のバランスが崩れると、目の疲労や肩こりが起きやすくなります。自律神経のバランスが崩れる原因としては、ストレスが一般的には考えられています。パソコン、スマホの画面をずっと見続けたり書類や本などで目を酷使してしまうとストレスが発生する可能性が高いため目の疲れ、肩こりなどの症状が出てきやすいです。

    • Q. 肩こりの原因はなんですか?
      A. 肩こり以外に症状がない場合には、姿勢が悪い、運動不足、猫背、なで肩など姿勢不良から肩周りの筋肉が緊張して肩が張ってきた、重たいなどの症状が出てきます。あと、小さい血管、神経などを硬くなった筋肉が圧迫をしてしまうことによって、痛み、だるさ、しびれなどの症状を一緒に伴う事があります。なので当院では猫背、なで肩、まき肩などの姿勢不良が原因で伴う肩の張り、重だるい感じなどの症状に対して骨格矯正を行っております。骨格矯正とは筋肉は骨に付着しているので、その骨を正しい位置に戻すことによって筋肉の緊張を取り、肩にくる症状を軽減します。

▲ページの先頭へ戻る

天神橋三丁目接骨院のご案内

【住所】〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-2-29 【電話】 TEL:06-4801-8284

天神橋三丁目接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:30 ~ 12:30 9:00 ~ 13:30
15:30 ~ 21:00 16:00 ~ 18:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

大阪メトロ「南森町駅」から天神橋三丁目接骨院まで徒歩2分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

天満、東天満、西天満、予力町、末広町など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る